2017年05月28日

会社で言いたいことあるなら言った方がいいよ

会社で不満を抱えてストレス溜めてるってアホらしくない?

不満でイライラしながら仕事しても集中出来ないし、せっかくの華金は飲み屋で愚痴大会を開催して、何も生産してないよね。

だったら言いたいこと言った方が良いよ。死なんから。
言えない会社なら辞めたら?そんな会社風通し悪くて先無いよ。

言いたいこと言った方が良い理由は、まずはあなたの精神衛生を守るためね。

イライラは本当に良くないよ。シワ増えるし、酒タバコの量増えるし。寝付きも悪くなる。
寝不足は健康を害する諸悪の根源やで。

そしてもちろん状況改善のためね。
あなたが言うことによって、みんながうすうす気づいてるけど表に出てない問題とか、そもそも誰も気づいていなかった問題とかが明らかになる。

ただし言うときは、必ず今の状況を整理して、対応策を用意しておくこと。

理由は、そうしないとただの文句、愚痴になるだけ。
あいつ文句言ってるだけやん、と評価されてしまうよ。

今の状況はこう、理想はこう、そのギャップを埋めるためにはこうしたら良い、という流れね。

あなたが正社員なら最強やで。言いたいこと言ってクビになることないから。

まあ正社員じゃなくても、言ってることが正当なら干されること無いやろ。

言いたいこと言って伸び伸び生きていこう。
タグ:生き方
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月27日

いきなり告白すると、ほぼ玉砕する理由

好きな女性がいて何とかしてお付き合いしたいとする。
一般的な恋愛プロセスとして、その女性に告白をし、OKをもらえたら晴れてお付き合い、みたいなのがある。

しかしいきなり告白してOKももらえることって、どれだけ低い確率なのか。
そして告白してOKもらえなかったら、相手が職場とか学校とか毎日顔を会わせる現場ならもう地獄である。

ということは、その女性と付き合いたい場合は、いきなり告白してはならない、ということにならないだろうか。

今回は、なぜいきなり告白してもうまくいかないのか、考察することにしよう。

まず告白するまで、あなたはターゲットの女性とどのような関係なのだろうか。

友人関係なのか、職場の上司部下なのか、先輩後輩なのか、とにかく少なくとも顔見知りであることは間違いないだろう。

で、ある程度仲が良い関係であるからこそ、あわよくば告白して、みたいな流れなのだろう。
そして告白してお付き合いできたら、と考えているくらいだから、その女性とセックスなど当然したことがないと。

このような関係で告白した場合、たまたま運良く相手の女性もあなたのことが好きなのであれば、まあうまく行く可能性も無きにしもあらずだ。

しかしそのような可能性などほぼ無い。体感的にも分かるだろう。

肉体関係がないが、ある程度仲が良い状態。
この関係であるとき、女性はあなたのことをどう見ているかご存じか?

単なる友人か、単なる上司部下の関係か、単なる先輩後輩の関係か、でありそれ以上はない。
友達として、仕事関係の人間として、その範囲内でその女性なりに普通に人間関係を構築しているだけである。

そのような状態なのに、いきなり告白されてあわよくばセックスさせてくれ、ということを言われるわけだ。
女性にしてみたらキモいのである。
だからいきなり告白しても往々にしてうまくいかないのである。

現実世界では、ドラマや恋愛ソングのようにはいかないのだ。
逆にドラマや恋愛ソングと逆のことをしないと、うまくいく確率は上がらない、ということである。
タグ:恋愛
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月26日

正しい情報を見分けて、情報弱者にならない方法

さて巷には様々な情報が溢れ返っている。
その中には正しい情報だけではなく、油断すると騙されてしまう間違った情報も等しく含まれている。

間違った情報として昔からあるのは、金儲けが出来るとうたわれている情報商材とか。
普通に考えれば、そんな方法があるのなら、何でそいつはわざわざ情報商材を売って金を稼ごうとしているのか。

最近話題になった妊娠米もそうである。
嘘だと分かっていてあえて買うのであれば、それはいい。
本当に信じて買うとすれば、まじでヤバい。

ということで、正しい情報を見極め、情報弱者にならない方法を考えてみることにする。

まずは大量の情報に触れること。

まずは大量の情報に触れることである。

なぜ大量の情報に触れる必要があるのか。
これは単に慣れの問題もあるが、大量の情報に触れることにより怪しい情報であるとか、間違った内容の情報であるといったことの感覚が掴めるようになるのだ。

つまるところ、情報を見極めるための基本的なトレーニングである。

何でもそうだが、基本的な能力を身に付けようとするなら、継続的な反復練習が必要なのである。
スマホゲームばっかりやっている場合ではない。

情報の真偽を判断できるようになりたければ、毎日毎日、大量の情報に触れて情報に対する感度を研ぎ澄ます訓練をするのだ。

これが一番確実で、かつ効果的な方法である。

同じ情報を、複数の一次情報源から確認をすること。

大量の情報に触れるクセを付けるとともに、もう一つ意識しなければならないことがある。
それは同じ情報を、複数の情報源から確認することである。

情報というのは当たり前だが、作るのは人間である。
テレビ局でも新聞社でも雑誌でもネットニュースでも、人間が情報を作り発信している。

で、発信される情報はその人間の思想が絡むこともある。
まあポジショントークといわれるやつだ。

人間と言っても、個人が発信しているならその人のポジショントークになるし、
テレビ局や新聞社などの組織が発信しているなら、その組織のポジショントークになる。

同じ情報源からの情報ばかりに触れていると、その発信元のポジショントークばかりに触れることになる。
要するに偏った情報ばかりになる可能性が非常に高いのだ。

従って複数の情報源からの情報を得ることにより、違った視点からの情報を同時に得ることが出来るのだ。

さらに言うならば、取得しているその情報が、誰が発信しているのかの確認を必ずすることだ。
発信元が実際にその事実を確認した上で、事実をそのまま発信している情報が正しいのである。

従って事実を確認していない人間が発信している情報は、まずは疑ってかかる必要がある。
発信者が勘違いしている可能性もあるし、意図的に情報を改編して発信している可能性もある。

要するに間違った情報を信じてしまうと、命まではとられないとしても、騙される可能性が非常に高いのだ。

情報の見極めは、生きていく上で必須のスキルである。
タグ:生き方
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月25日

システム運用設計について(2-4) 運用管理アーキテクチャ 変更管理、ライブラリ管理、リリース管理

前回記事(システム運用設計について(2-3) システム運用アーキテクチャ 問題管理、構成管理)に引き続き、システム運用設計アーキテクチャのうち、変更管理、リリース管理、ライブラリ管理について記述していくことにする。

it_operational_architecture.png

お馴染みの上図で言うところの「5.変更管理」「7.ライブラリ管理」「8.リリース管理」に当たる部分である。

この3つの運用管理業務であるが、上図では赤い点線で囲っている。
なぜかというと、これらは密接に絡んでいるというか、リリース管理とライブラリ管理は変更管理の一部であるとも言えるからだ。

では順を追って説明して行こう。

変更管理とは

変更管理とは、運用しているシステムに対する全ての変更要求について、その妥当性を検証した上で変更実施を管理するとともに、変更内容を構成管理へ反映する、というのが一連の業務である。

システムに対する変更要求とは、主に
  • 障害管理から問題管理へエスカレーションされた事象で、問題の恒久的解決のためにシステムの変更を要求するもの
  • セキュリティインシデント発生を恒久的に予防するために、システムに対して変更を要求するもの
  • ビジネス上の要件により、システムに対して変更を要求するもの
これら3つを起因とするものがある。

これらを起因としたシステムへの変更要求を受け付けたあと、その変更要求が妥当なのかどうかを費用やスケジュール、システムへの影響やビジネスへの影響などを含めて検証する。
一般的には変更管理委員会のような組織体や会議体を編成して、関係者間において協議をすることが多い。

そしてシステムに対する変更が問題無いと判断されれば、変更を実施する。

変更の実施はシステムのインフラであったり、アプリケーションプログラムであったり、これらの変更に伴う設計書などのドキュメントも含まれる。
変更の実施作業そのものについては、次項の「リリース管理」において行うことが一般的である。

変更が実施されたらその内容を構成管理へ送り、最新情報を提供して変更管理業務は完了である。

リリース管理とは

リリース管理とは、変更管理においてシステムに対する変更が承認された場合において、実際の変更作業を管理する業務である。

システムの変更作業実施において、その準備が周到に行われているかどうかの確認をするために、リリース判定会議といった会議体を編成し、妥当性を協議することが一般的である。

このリリース判定会議において、
  • システム変更の理由
  • システムに対する影響
  • ビジネスに対する影響
  • ユーザーへの告知
  • 変更実施作業の詳細内容やスケジュール
  • リリース資材に不足がないか
  • 変更作業失敗時のリカバリー作業内容の妥当性
といった項目を確認し、安全かつ正確なシステムに対する変更をはかる。

なおシステムインフラの変更やアプリケーションプログラムの変更が伴う場合は、リリース判定会議までにシステムテストまで行っておくことが必要である。

またこれらの変更によりアプリケーションプログラムや仕様書等の修正が必要な場合は、次項で解説するライブラリ管理により最新版の資材払い出しを受ける。

そしてシステム変更のためのリリース準備が整ったところで、リリース作業を行う。

ライブラリ管理とは

ライブラリ管理とは、システムに関するドキュメントやアプリケーションプログラムのソース等について、最新版のファイル群と変更履歴(過去版のファイル群)を管理する業務である。

一般的には版管理が行えるツールを用いて、過去から現在の最新版に至る全てのバージョンのファイルを保持しておく。

過去分のファイルを保持する理由としては、例えばシステム変更によりリリースした最新版のアプリケーションプログラムに、万が一バグがあり元に戻さなければならない場合に、過去バージョンのソースを取得して再配置出来るようにするためである。

また、過去の変更箇所を誰がいつ行ったのかの履歴を保持しておくことにより、システム監査が入った際にすぐさま情報提供できるようにしておく、という目的もある。

そしてシステムに対する変更要求があった際に、最新版のソースやドキュメントを間違いなく払い出すことにより、デグレードを防ぐという目的も当然ある。

何よりシステムのドキュメントやソースは重要な資産であるため、ライブラリ管理しているデータを適切にバックアップする必要があることは言うまでもない。


システム運用設計関連の記事一覧はこちらからどうぞ。
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月24日

断捨離?物を持たないことのメリット3つ

私はあまり物を持たない生活をしている。

そもそもそうしようと思ったきっかけが、2011年の東日本大震災を経験したことだ。

なんというか、物欲が無くなったというか、物を所有するということに価値が見いだせなくなったというか。

だから住居は賃貸だし、車も持っていたが手放した。
パソコンとプリンターも売った。
手入れをしないといけない道具も使うのをやめた。

とにかく最低限必要な物だけ持ち、あとは必要なときに借りる方が結局安くつくし、時間も有効活用できるのだ。

なので今回は物を持たないようにして分かったメリットをいくつか書いてみたい。

維持費がかからない。必要なときだけ払えばいい。

物を持つととにかく維持費がかかる。

家だってメンテナンスしていかないといけないし、その費用もかかる。
車も車検やら定期点検やら、ほぼ毎年数万円、十数万円単位で費用がかかる。

家は賃貸に限る。
建物のメンテナンス費用は家賃に含まれていて住民全体での負担なので、大きな費用を払う必要もない。
固定資産税も払わずに済む。

車もレンタカーやカーシェアリングに限る。
保険料込みのレンタカー代とガソリン代だけで済む。
駐車場代も払わずに済む。

パソコンは、仕事をするのに実はあった方が良いと思っているが、今のところスマホだけで済んでいる。(せめてタブレットは欲しい(笑))
そして何より普段あまり使わないプリンターだが、場所とるしインク代高いし。

今はデータをクラウドに置けばコンビニのプリンターで印刷できる。
インクジェットじゃない、レーザープリントが1枚数十円で印刷できる。

ということで本当に物を持つ必要性が感じられないのだ。

メンテナンス作業する必要がないので時間が有効活用できる。

家は持ったこと無いので知らないが、恐らく庭の手入れとか、他にも何らかメンテナンス作業が必要なのだろう。

そういうのが好きなら自分で時間をつぶしてやるのもいいが、そうでなければ無駄な時間が掛かるし、アウトソースすれば費用がかかる。

車も定期的に洗車しないと、乗っていなくても結構汚れる。
ガソリンスタンドに出すと傷つけられやしないか心配で、いつも何時間か掛けて洗車していた。
私は定期的な洗車が本当に嫌いだった(笑)

基本的に物は所有している者にメンテナンスする責任がある。
だから物を所有しなければ、メンテナンスすることから解放され、他のことに時間が有効に使えるのだ。

物が少ないと人生に集中できるような気がする。

これは私個人的な感覚なのだが、物が少ないと気に掛ける対象がそれだけ減るように思う。
その分空いた心のリソースを、自分の人生に集中させることが出来ているように思うのだ。

当然まとまった金が掛かることもないので、タネ銭を増やすことにも繋がっている。
物を持たない方が、人生いい感じに回るような気がしてならない。


ということで物を持たないことを推奨してみた。
タグ:生き方
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月23日

ITフリーランスが上位商流の常駐案件に参画するヒント2つ

私は現在フリーランスでIT関連の仕事を客先常駐でしている。
理由はとにかく効率的に金を稼いで、将来のためのタネ銭を作るためだ。
それまでの期間限定である。

まあフリーランスなのでどんな仕事をしてもいいのだが、今のところ自力で商品を作る財力も足りないし、個人で出来ることもしれている。
だから技術さえ持っていれば金が稼げる常駐仕事を敢えてしているのだ。

一応客先常駐にもポリシーを持っていて、事業会社に直接常駐出来る案件か、プライムベンダー(元請け)に直接常駐出来る案件に限っている。

IT業界は多段階下請け構造で、大規模な案件になると下請けや孫請け業者に発注して製造させるのが今も一般的だ。
下請けだとシステムの企画や進捗のコントロールが出来ないし、なによりピンはねにより単価が下がってしまう。

従ってより高単価で契約できる事業会社か、もしくはプライムベンダーのみの案件を紹介してくれる業者と契約をしている。

で、こういった業者は結構な数があるのだが、色々契約やら登録やらしてみて分かったことがある。
それは本当に事業会社やプライムベンダーとの取引が多く、たくさんに案件を紹介してくれる業者と、登録したにも関わらずほとんど案件の紹介がない業者があることだ。

具体的な業者名は出さないが、上位商流の常駐案件に参画するためのヒントと、案件の紹介がない業者の見分け方についていくつかヒントがあるので紹介しよう。

1.案件紹介業者は大手に限る

フリーランスへの案件紹介業者は多くあるが、大手の業者だとまあ間違いないだろう。

上場している業者だと、大手事業会社やプライムベンダーと直接取引をしていることが多いため、上位商流で仕事が出来る。

募集している仕事も上流行程がほとんどで、コンサルをはじめとしてPM、PMOといったプロジェクトの管理・推進の仕事が多く単価も高い。

またプロジェクトの立ち上げフェーズから参画することも多いため、比較的企画的な要素が求められることが多い。

個人で仕事をしているとなかなか大規模案件の企画段階から入ることは難しいが、大手の案件紹介業者を経由すると個人ではなかなか受注が難しい案件にも参画出来るのだ。

2.サイトに案件情報がない、または更新がない業者は要注意

ほぼ全ての案件紹介業者は自社サイトを持っている。
で、サイトに現在募集中の案件情報なんかを掲載している。

ここで注意したいのが、募集中の案件情報が更新されていなかったり、そもそも案件情報がない業者だ。
業者の中には、登録したにも関わらずその後1件も案件の紹介がない所があるのだ。

登録するときに氏名や住所、持っているスキルといった個人情報を渡すのだが、個人情報を集めることだけが目的なのか、と疑ってしまう業者が時々ある。

このような業者に共通する特徴として、サイトに案件情報が掲載されていなかったり、サイトの案件情報が更新されていないことが多いのだ。

案件の紹介がほとんど無いことについては、本当にマッチする案件が1件もない可能性も無きにしもあらずだが、そもそも持っている案件や取引の数が少なすぎて話にならない、ということだろう。


以上がフリーランスで上位商流の常駐案件に参画するヒントである。
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月22日

超繁忙期のディズニーリゾートを素人でも楽しむ6つの方法

筆者はディズニーランド、ディズニーシーに関しては素人だ。それぞれ1回ずつしか行ったことがない。
そして両パークとも、行ったのは年末とGWという一年で一番混むんじゃないか、というタイミングだった。

しかしGWや年末などの超繁忙期でも、いくつかの戦略により割りと快適に過ごせることが分かった。
せっかく夢の国に行くのだから、混んでいたとしても出来るだけストレスなく楽しみたい。

そんな思いきり混んでいる状態であっても、ディズニーランドでは2日間で
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"
  • スティッチ・エンカウンター
  • ジャングルクルーズ
  • ウエスタンリバー鉄道
  • パレード

ディズニーシーでは1日で
  • タワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • センター・オブ・ジ・アース
  • マーメイドラグーンシアター
  • ビッグバンドビート
  • ショー(ファッショナブル・イースター)
  • ショー(ファンタズミック!)
  • ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミッキー)

のアトラクションに乗ったり、ショーを観たりした。

従ってある程度戦略を立てておけば、超繁忙期でも充分に楽しめるのだ。
というわけで今回は、ディズニー素人ながらどんな戦略を立てたのかを書いてみたい。

1.事前の日付指定券購入は必須

ディズニーランド、ディズニーシーに行く場合、当然チケットが必要になる。
チケットには日付指定券と、日付指定無し券(オープン券)がある。

ディズニーランド、ディズニーシーは当日の入場者数があまりにも多いと、入園制限がかかる。
日付指定券を持っていると、入園制限がかかっていても必ず入園出来るというのが特徴だ。
反対にオープン券の場合、入園制限がかかっている間は入ることができない。

従って繁忙期に行く場合は、必ず事前に日付指定券を用意しておこう。

2.開園時間に入ること

ディズニーランド、ディズニーシーとも標準の開園時間は8時のようだ。

入園するまでに手荷物検査を受ける必要があるが、これが結構時間がかかり行列ができてしまう。
従って開園時間の30分前を目処に入園ゲートへ到着するようにしよう。

理由として開園時間に入った方が、次の3番目に記載している「ファストパス」の入手枚数が多くなる可能性が高くなるためだ。

3.人気アトラクションはファストパスを有効利用

ディズニーランド、ディズニーシーではアトラクションが色々あるが、その中には人気が高いものがいくつかある。
そして人気が高いアトラクションには、「ファストパス」というチケットが用意されている。

アトラクションに乗る方法は、並ぶか(これをスタンバイという)ファストパスを入手するかの二通りある。

スタンバイは文字通り行列に並び順番を待つ方法である。
しかし繁忙期だと120分待ちとか180分待ちとかざらである。

ファストパスは、そのパスに指定された時間帯(1時間幅)であればほとんど待つことなくアトラクションに乗ることが出来るチケットだ。

ファストパスの指定時間帯は選ぶことはできない。入手が早い順に指定された時間帯が埋まっていき、5分単位で時間帯が後ろにスライドしていくのだ。

ファストパスの入手にはルールがあり、ファストパスを入手したら、入手したファストパスに記載されている時間まで(概ね2時間経過後)次のファストパスが入手できない。

従ってアトラクションに長時間並ばずに乗るためにも、ファストパスを有効利用するのだ。

4.アトラクションの待ち時間は公式サイトで確認

公式サイトにはアトラクションのスタンバイ待ち時間と、現在発行されているファストパスの時間帯を確認できるサイトがある。

ただしサイトを確認する端末の位置情報により、ディズニーランド、ディズニーシーの敷地内にいないと利用できないようになっている。

しかし園内にいる場合はどこにいてもスマホでサイトを確認出来るため、わざわざアトラクションの乗り場へ行って確認する必要がない。

従って随時サイトで待ち時間とファストパス発行時間帯を確認しながら、当日の行動予定を立てよう。

5.飯はピークをずらすか予約する

ディズニーランド、ディズニーシーの中にはレストランやファーストフードの店が割りと豊富にある。
しかし食事のピーク時間になると、レストランに入ったりファーストフードのレジに到達するまでにもスタンバイ行列が出来る。

逆に繁忙期であっても、食事のピーク時間をずらすと空席があることがある。

歩き回って腹が減っている状態で何十分も待たされると、せっかくの楽しい気分も台無しになる可能性がある。
従ってピーク時間をずらすか、レストランであれば事前に予約しておくのが無難である。

6.間にショーを挟むのもコツ

ディズニーランド、ディズニーシーともに、園内に移動のためのアトラクションがある。
しかしそのアトラクションに乗るためにスタンバイ行列にならぶ必要があったりもする。
従って歩いた方が早い場合が多く、園内ではかなりの距離を歩く。
そしてスタンバイ行列に並んだりして足が非常に疲れる。

そこで間にショーを挟むのだ。
ショーによっては待ち時間があったりするのだが、待っている間は座っていれば良いし、ショーを見ている間も座って見ることが出来る。足の休憩というか、体力の温存が出来るのだ。

従って休憩がてら間にショーを挟み、ミッキーのダンスを見て盛り上がるのもひとつの手である。


以上がディズニー素人として2回行って分かったことである。参考になれば嬉しい。
タグ:国内旅行
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月21日

マッチングアプリで実際に出会ってお持ち帰りするには

前回の記事「マッチングアプリでの出会いをおすすめしない4つの理由」でさんざんマッチングアプリをおすすめしないことを書いたが、せっかくなので筆者が試していたときに実際にどうやってお持ち帰りまで至ったのかを書いておこう。

基本的にはナンパや合コンで出会った場合と同じ流れにはなるが、マッチングアプリの場合は実際に会うまでのステップが多いため、このあたりを重点的に説明する。

プロフィールは充実させておく

まずこれは基本中の基本だ。
あまりキラキラした内容にならずに、かつ自分と過ごすと楽しい将来が待っていることを予想させるような内容にする。

あと重要なのが年収だ。
まあこれは別に源泉徴収票や確定申告書を出すわけではないので自己申告になる。
少ないよりは多いにこしたことないので、頑張って年収を上げよう。

年収が1,000万を超えていると、女性からいいねが来る数が一気に増えるようだ。
女性も少なからず結婚を意識して参加しているだろうから、これは仕方がない気もする。

気に入った女性には片っ端からいいねしておく

もうこれは単なる確率論だ。
気に入った女性がいれば、片っ端からいいねしよう。
多少気に入らない部分があっても、母数を増やすために片っ端からいいねするのだ。

ちなみにいいね権を増やすためには金を払う必要があるが、この程度の金をケチってはいけない。
数千円程度をケチってチャンスを増やさないのはアホ、ということだ。

メッセージのやりとりについて

男女がお互いにいいねをすると、ようやくメッセージのやりとりができるようになる。
ここで気を付けないといけないことがある。

メッセージであまり無駄なやりとりをしてはいけない、ということだ。
テキストでのやりとりしか出来ないため、少しの失敗が命取りになるのだ。

さらに、下手に出てキモいことを書いてはいけない。
例えば、忙しそうなのにわざわざいいね返してくれてありがとうとか、君のような(写真が)かわいい人とやりとりできてうれしいとかだ。

このようなメッセージは女性側に死ぬほど到達していて、女性たちは飽き飽きしているのだ。
マッチングアプリで出会って関係を持った女性に聞いてみたのだが、やはりキモいメッセージがいっぱい来ると言っていた。

従ってメッセージのやりとりでは、いいねありがとう!程度の挨拶にしておいて、さっさと飯に誘うのが正解だ。
ただし相手が警戒してそうな雰囲気がある場合は、少し様子を見ながら何度かメッセージのやりとりをしながら飯に誘うチャンスを伺う必要がある。

いずれにしても実際に会わないと話にならないので、メッセージのやりとりにおいては飯に来てもらうことが目標となる。

実際に会ってからは

実際に会ってからの行動については、以前書いた「初デートでの振る舞いについて」の通りすれば良い。

ただしマッチングアプリで出会った場合、バーチャルな世界からリアルの世界に出てくる際に、相手の女性もある程度性的関係になることを覚悟してくるようだ。
逆にその覚悟がないと、リアルの世界に出てきてわざわざ会おうとは思わないだろう。

相手の女性が勇気をもって覚悟してきたことに応えるためにも、ホテルや自宅に誘うことは最低限の礼儀である。

以上がマッチングアプリで出会った女性に対する正しい振る舞い方である。

ここまで書いておいて何だが、やはりマッチングアプリはコストが掛かることと、実際に出会うまでの時間が掛かること、写真とは似ても似つかない人が多いことを考えると、おすすめできない(笑)
タグ:恋愛
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月20日

ディズニーリゾートの日付指定券を直前に買ってみて分かったこと

先日急遽東京ディズニーシーに行くことになった。それもGWに(笑)

ディズニーシーまたはランドに行くには、当然チケットがいる。
チケットについての詳細はネット上の各所にあるので割愛するが、混んでいると予想される日に行く場合、日付指定券の方が安全だ。

日付指定無し券だと、入場者が大量だった場合に入場制限により入れなくなる場合がある。
日付指定券だと、指定された日における入場だけは保証される。

今回GWという混雑が予想される日の直前に、日付指定券を購入する必要があった。
無事購入出来たのだが、色々分かったことがあるので書こうと思う。

※以下は本稿執筆時点の情報です。

日付指定券が買える場所

ディズニーランドまたはシーに入るには、1デーパスポートをはじめとしたチケットを購入する必要がある。

どこで買えるのかというと、


の5ヶ所で入手することが可能だ。

ディズニーリゾート現地で買う場合

ディズニーリゾート現地の場合は、現地のチケットカウンターで購入する。
しかしわざわざ現地に行って将来日付のチケットを買う人っているのだろうか(笑)

ディズニーリゾート公式HPで買う場合

ディズニーリゾート公式HPからは2種類の方法でチケットを入手できる。
1つはチケットを配送で入手する方法と、もう1つはeチケットといわれるPCのチケット画面を印刷して当日持っていく方法だ。

配送の場合は行く日の7日前までに手配する必要がある。このため直前に入手するには不向きだ。
eチケットの場合は行く日の当日でも手配可能だ。

なおeチケットはPCからのみ購入可能で、スマホやタブレットからは購入できない。

支払いについて、配送の場合はクレジットカードか代金引換が使える。eチケットの場合はクレジットカード払いのみだ。
なお、公式HPでのクレジットカード払いはデビットカードが使えないのでご注意を。

ディズニーストアで買う場合

ディズニーストアの場合、店舗に行って購入する。
ディズニーストアは全国の都市部にあるみたいなので、近くに住んでいる人なら購入可能である。

行くとスタッフ(ストアでもキャストと言うのかは知らない)が、日付指定の有無、対象パーク、枚数などを聞いてくるので順次答えていくだけだ。
そして支払いはクレジットカードか現金だ。

ちなみに筆者はディズニーストアで買った。

コンビニで買う場合

全国の主要コンビニでも購入することが可能だ。

コンビニの端末で操作し、出てきた紙をレジに持っていき支払うとチケットがもらえる。
もらったチケットはディズニーリゾート発行のチケットと同様、そのまま使うことが可能だ。

なおコンビニで買う場合、JTBが代理で発行している。
※上記サイトからは購入できないのでご注意を。

旅行代理店などで買う場合

ネットで調べたところ、旅行代理店でも買えるようだが詳細不明である。
近くの旅行代理店に問い合わせてみてもらいたい。

日付指定券の売り切れに注意

これまで説明してきた日付指定券だが、売り切れることがあるので注意したい。

ただし上述した購入方法ごとに枠があり、例えばコンビニでは売り切れでもディズニーストアではまだ空きがあったり、ディズニーストアでは売り切れでもeチケットはまだ空きがあったりする。

実際筆者が購入したときも、コンビニでは売り切れだったがディズニーストアでは購入できた。
そしてeチケットも購入可能であった。

従って購入しようとした方法で対象日が売り切れであっても、諦めずに別の方法でトライすれば購入できる可能性があるのだ。

以上がディズニーリゾートの日付指定券を直前に買ってみて分かったことだ。
タグ:国内旅行
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月19日

リトル・マーメイド

最近ディズニーのお姫様系映画にハマっている(笑)
前回記事にした「美女と野獣」を見た後、ディズニーに詳しい女の子に他のお勧めを聞いたところ、「リトル・マーメイド」が良いということで早速見た。

話としては、人魚の話である(笑)

海底の王様トリトンには7人の娘(人魚)がいる。そしてその末っ子がアリエル(主人公)だ。

アリエルは好奇心旺盛で、海に落ちてくる人間が作った色々な物を集めていた。
そして次第に人間に興味を持つようになる。

たまたま水面に上がったときに一隻の船があり、アリエルが船を覗いてみると男前の王子(エリック)がいた。
人魚界では人間と接触することは固く禁じられているが、アリエルはエリックに一目惚れしてしまった。

そしてその船が嵐で転覆してしまうが、アリエルはエリックを助ける。
このときにエリックはアリエルの声に恋をする。

トリトンの猛反対を押し切り、アースラによりアリエルの声と引き換えに人間の足を授かる。
そしてエリックのもとへ。
しかしアリエルは声が出ないために、エリックはアリエルが別人だと思ってしまう。

エリックは別の人と結ばれようとしたが、すんでのところでアリエル本人だと分かりハッピーエンド。

あまり詳しく書くとネタバレになるので、まあこの辺で(笑)

この映画もミュージカルなのだが、本当に音楽が美しい。
ディズニー映画って音楽すごく良いのね。
ストーリー展開も割りとてきぱきとしていて、最後までハラハラしてみる事が出来る。

見たことがない人は、ぜひ一度見てほしい。


字幕版はこちら(Amazonプライムビデオ)

吹き替え版はこちら(Amazonプライムビデオ)
タグ:映画
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -