2017年05月15日

アラフォーの男が老けたクサイおっさんにならないためのコツ5つ

筆者はアラフォーの男である。まあおっさんと言われても異論がない年齢だ。
しかし出来ることならいつまでも若くいたいと思っている。

今回は筆者が普段行っている、老けたクサイおっさんにならないためのコツを5つ記述しよう。
一応5歳くらい若く見られている(笑)

1.体を入念に洗う

これは基本中の基本だ。アラフォーにもなると、油断すると臭いが出てくる。
毎日の風呂で体を洗うときは気を抜くな、ということだ。

特に入念に洗った方が良い箇所は次の通りだ。
  • 頭皮
  • 耳の後ろ
  • ワキ
  • 背中
  • 足の指の間
ほとんど全部やん(笑)

上記は皮脂が多かったり、汗がこもったりして臭いの原因になる箇所である。
従って皮脂や汗をしっかり落としておこう。

2.スキンケアをする

男であっても、素肌はキレイな方がいい。
風呂上がりや朝顔を洗ったあと、しっかりスキンケアしよう。
顔もそうだが、実は首にも年齢が出やすい。だから首も忘れないように。

まずは化粧水をたっぷり顔と首に染み込ませる。
全体に優しく塗ったら、その後優しく手で押さえて染み込ませていく。
次に乳液を顔と首に塗る。特にシワが出来やすいデコと目尻、ほうれい線部分は入念に。

そして風呂上がりに忘れてはならないのが、ボディクリームだ。
ニベアとかドラッグストアで売っているもので充分だ。

クリームを乾燥しやすい肘、腰回り、膝から下、足などに塗っていく。
冬はしっとり系、夏はさっぱり系と使い分けても良いだろう。

あと忘れがちなのが手のメンテナンスだ。
といっても、きちんと爪を切ることと、手を洗った直後にハンドクリームを塗るだけだ。
手が乾燥すると、さかむけが出来て汚くなるのだ。
指先は意外と他人から見られている。

肌は水分量が減ると老けていく。だからしっかりメンテナンスをしよう。

3.ムダ毛の処理をする

ムダ毛の処理といっても、大袈裟に考える必要はない。
最低限の身だしなみとしてやっておこう、ということだ。

鼻毛の処理は基本中の基本である。
どんなに偉そうにしているやつでも、鼻毛が飛び出ているだけで説得力が無くなる。
週1回で充分なので、鼻毛はきちんとカットする。

次に眉毛だ。眉毛がボサボサなのもだらしがなく見える。
眉毛用のトリミンググッズと顔剃り用カミソリがドラッグストアで売っているので、ぜひ手に入れよう。

そして顔剃り用カミソリで、ついでにデコや頬といった産毛が生えている箇所も剃っておこう。
逆光になったときに、顔にホワホワした毛が生えているのが見えると、キレイなものではない。

4.服はフィットしたものを選び、靴はキレイにしておく

次は服だ。別に高い服を着る必要はない。
とにかく重要なのは、私服でもスーツでも、体にフィットした服を着るということだ。
サイズがあっていない服を着ると、シルエットが崩れてダサくなるのだ。

あとシンプルなデザインの服を選ぼう。
無難かつシルエットがきれいに見えるのが、ジャケットとスリムパンツだ。
ジャケットの中はシャツかカットソーで充分だ。
シャツまたはカットソーの裾を出す場合は、ジャケットからはみ出ないサイズのものを選ぶこと。

それから靴はキレイなものを履こう。
踵がすり減っていたり、つま先がはげていたりする靴を履いていると、安っぽい人間に見える。
スーツに合わせる靴の場合、出来ることならグッドイヤー・ウエルテッド製法の靴を選ぼう。
足元が締まってスマートに見える。

5.若いねーちゃんとつき合う

これは気持ちの問題だが、とはいえ気持ちは大きい。
若いねーちゃんと一緒にいると、老けて臭くならないようにしよう、というモチベーションアップにつながる。
まあそれだけだが(笑)


以上が、筆者が老けて臭くならないために日常行っていることだ。
参考に出来るところがあれば、ぜひ取り組んでみてほしい。
目指せマイナス5歳のおっさん!(笑)
タグ:恋愛
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -