2017年05月26日

正しい情報を見分けて、情報弱者にならない方法

さて巷には様々な情報が溢れ返っている。
その中には正しい情報だけではなく、油断すると騙されてしまう間違った情報も等しく含まれている。

間違った情報として昔からあるのは、金儲けが出来るとうたわれている情報商材とか。
普通に考えれば、そんな方法があるのなら、何でそいつはわざわざ情報商材を売って金を稼ごうとしているのか。

最近話題になった妊娠米もそうである。
嘘だと分かっていてあえて買うのであれば、それはいい。
本当に信じて買うとすれば、まじでヤバい。

ということで、正しい情報を見極め、情報弱者にならない方法を考えてみることにする。

まずは大量の情報に触れること。

まずは大量の情報に触れることである。

なぜ大量の情報に触れる必要があるのか。
これは単に慣れの問題もあるが、大量の情報に触れることにより怪しい情報であるとか、間違った内容の情報であるといったことの感覚が掴めるようになるのだ。

つまるところ、情報を見極めるための基本的なトレーニングである。

何でもそうだが、基本的な能力を身に付けようとするなら、継続的な反復練習が必要なのである。
スマホゲームばっかりやっている場合ではない。

情報の真偽を判断できるようになりたければ、毎日毎日、大量の情報に触れて情報に対する感度を研ぎ澄ます訓練をするのだ。

これが一番確実で、かつ効果的な方法である。

同じ情報を、複数の一次情報源から確認をすること。

大量の情報に触れるクセを付けるとともに、もう一つ意識しなければならないことがある。
それは同じ情報を、複数の情報源から確認することである。

情報というのは当たり前だが、作るのは人間である。
テレビ局でも新聞社でも雑誌でもネットニュースでも、人間が情報を作り発信している。

で、発信される情報はその人間の思想が絡むこともある。
まあポジショントークといわれるやつだ。

人間と言っても、個人が発信しているならその人のポジショントークになるし、
テレビ局や新聞社などの組織が発信しているなら、その組織のポジショントークになる。

同じ情報源からの情報ばかりに触れていると、その発信元のポジショントークばかりに触れることになる。
要するに偏った情報ばかりになる可能性が非常に高いのだ。

従って複数の情報源からの情報を得ることにより、違った視点からの情報を同時に得ることが出来るのだ。

さらに言うならば、取得しているその情報が、誰が発信しているのかの確認を必ずすることだ。
発信元が実際にその事実を確認した上で、事実をそのまま発信している情報が正しいのである。

従って事実を確認していない人間が発信している情報は、まずは疑ってかかる必要がある。
発信者が勘違いしている可能性もあるし、意図的に情報を改編して発信している可能性もある。

要するに間違った情報を信じてしまうと、命まではとられないとしても、騙される可能性が非常に高いのだ。

情報の見極めは、生きていく上で必須のスキルである。
タグ:生き方
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -