2017年05月27日

いきなり告白すると、ほぼ玉砕する理由

好きな女性がいて何とかしてお付き合いしたいとする。
一般的な恋愛プロセスとして、その女性に告白をし、OKをもらえたら晴れてお付き合い、みたいなのがある。

しかしいきなり告白してOKももらえることって、どれだけ低い確率なのか。
そして告白してOKもらえなかったら、相手が職場とか学校とか毎日顔を会わせる現場ならもう地獄である。

ということは、その女性と付き合いたい場合は、いきなり告白してはならない、ということにならないだろうか。

今回は、なぜいきなり告白してもうまくいかないのか、考察することにしよう。

まず告白するまで、あなたはターゲットの女性とどのような関係なのだろうか。

友人関係なのか、職場の上司部下なのか、先輩後輩なのか、とにかく少なくとも顔見知りであることは間違いないだろう。

で、ある程度仲が良い関係であるからこそ、あわよくば告白して、みたいな流れなのだろう。
そして告白してお付き合いできたら、と考えているくらいだから、その女性とセックスなど当然したことがないと。

このような関係で告白した場合、たまたま運良く相手の女性もあなたのことが好きなのであれば、まあうまく行く可能性も無きにしもあらずだ。

しかしそのような可能性などほぼ無い。体感的にも分かるだろう。

肉体関係がないが、ある程度仲が良い状態。
この関係であるとき、女性はあなたのことをどう見ているかご存じか?

単なる友人か、単なる上司部下の関係か、単なる先輩後輩の関係か、でありそれ以上はない。
友達として、仕事関係の人間として、その範囲内でその女性なりに普通に人間関係を構築しているだけである。

そのような状態なのに、いきなり告白されてあわよくばセックスさせてくれ、ということを言われるわけだ。
女性にしてみたらキモいのである。
だからいきなり告白しても往々にしてうまくいかないのである。

現実世界では、ドラマや恋愛ソングのようにはいかないのだ。
逆にドラマや恋愛ソングと逆のことをしないと、うまくいく確率は上がらない、ということである。
タグ:恋愛
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -