2017年05月19日

リトル・マーメイド

最近ディズニーのお姫様系映画にハマっている(笑)
前回記事にした「美女と野獣」を見た後、ディズニーに詳しい女の子に他のお勧めを聞いたところ、「リトル・マーメイド」が良いということで早速見た。

話としては、人魚の話である(笑)

海底の王様トリトンには7人の娘(人魚)がいる。そしてその末っ子がアリエル(主人公)だ。

アリエルは好奇心旺盛で、海に落ちてくる人間が作った色々な物を集めていた。
そして次第に人間に興味を持つようになる。

たまたま水面に上がったときに一隻の船があり、アリエルが船を覗いてみると男前の王子(エリック)がいた。
人魚界では人間と接触することは固く禁じられているが、アリエルはエリックに一目惚れしてしまった。

そしてその船が嵐で転覆してしまうが、アリエルはエリックを助ける。
このときにエリックはアリエルの声に恋をする。

トリトンの猛反対を押し切り、アースラによりアリエルの声と引き換えに人間の足を授かる。
そしてエリックのもとへ。
しかしアリエルは声が出ないために、エリックはアリエルが別人だと思ってしまう。

エリックは別の人と結ばれようとしたが、すんでのところでアリエル本人だと分かりハッピーエンド。

あまり詳しく書くとネタバレになるので、まあこの辺で(笑)

この映画もミュージカルなのだが、本当に音楽が美しい。
ディズニー映画って音楽すごく良いのね。
ストーリー展開も割りとてきぱきとしていて、最後までハラハラしてみる事が出来る。

見たことがない人は、ぜひ一度見てほしい。


字幕版はこちら(Amazonプライムビデオ)

吹き替え版はこちら(Amazonプライムビデオ)
タグ:映画
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月17日

美女と野獣

今映画館で実写版の美女と野獣をやっているので、Amazonプライムビデオでアニメ版というか原版の美女と野獣を見た。

私はこれまでディズニー映画は、カーズとトイ・ストーリーくらいしか見たことがなかった。
まあストーリー的に分かりやすいしね。

だからいわゆるお姫様系を見たのは初めてなのである。
そして感動してしまった(笑)

話としては、魔法をかけられて野獣に変身させられた王子が、タイムリミットまでに真の愛を獲得できれば元に戻ることが出来る、というのがメインの課題だ。

で、嵐の夜に野獣がいる城に助けを求めに来た主人公(ベル)の父親が野獣に囚われ、ベルが父親の身代わりとなり野獣とともに過ごす。
そして次第にお互い惹かれていき、ハッピーエンドになるというものだ。

あまり書くとネタバレになるので、この辺で。

ミュージカル映画なのだが、音楽がすばらしく良かった。
半分以上、音楽で心揺さぶられたようなものである。

あと字幕版で見たのだが、子供も見る映画ということで、難しくない英語だった。
英語の勉強にもなる。

というわけで、ディズニーのお姫様系を見たことがない方は、ぜひ見てほしい。


吹き替え版はこちら
タグ:映画
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月20日

横浜駅SF

横浜駅という名の小説、タイトルが気になったので手にとって見ました。
というのも、横浜駅はよく通ったり降りたりする駅で、横浜駅のSF小説ってなんだ?と思ったわけです。

横浜駅は、1872年に開業して以来、現在に至るまでずっと工事し続けています。
いつまでたっても完成しない、ということを逆手に取り発想した小説だそうです。

いつまでたっても完成しない横浜駅が、色々あって数百年後に自己増殖して本州を覆ってしまった、というところから物語りはスタートします。
本州のほとんどが「エキナカ」なわけです。

本州ではほとんど残っていない、横浜駅の外、「エキソト」で育った主人公ですが、狭い世界で特になんの目的もなく生きてきた人生を抜け出そうと、エキナカから追い出されてきた友人からもらった18きっぷを持ち、エキナカへ入っていきます。その友人が言うには、42番出口に横浜駅の全てがある、と。

エキナカでは、主人公がこれまでの人生で見た事がないものや経験をしながら、ひたすら42番出口を探しに進んでいきます。

架空のIT用語が結構出てきて最初は読むのが少し難しいかもしれませんが、気にせず読み進めていくと次第に世界観が想像できるようになり、割と集中して読むことが出来る良い本だと思います。

ぜひ読んでみてください。
タグ:小説
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -