2018年05月22日

禁煙ゲームチャレンジ5日目


なんで禁煙しようと思ったのか知りたい方はこちらへ。

4日目の様子を見たい方はこちらへ。



125時間経過(本稿執筆時点)

頭痛、頭がボーっとするという症状は、昨日よりは幾分マシになった。

息苦しさも、かなりマシになった。


ということは、今後少しずつマシになっていき、離脱症状が限りなくゼロに徐々に徐々に近づいていくような進み方なのか。

一気にパッと無くなって欲しいんやけど笑


タバコを吸いたい衝動は、まあ時々襲ってくるが、ああまた来たか、という感じで特に我慢することなくやり過ごせるようになった。

試しにタバコが吸える喫茶店の禁煙席に行ってみたが、煙が流れてこないので特に吸いたいという衝動は無かった。

それよりも、禁煙席に座っている自分に違和感を感じたが。。。


あとは喫煙者がいる飲み会が肝やな。

今の所そんな飲み会アポは無いが、油断すればすぐにそんなアポ発生するよね笑

これを乗り切れば、どんな試練も大丈夫な気がする。


そして離脱症状が完全に無くなれば、本当にタバコと縁がない生活が待っているような気がする。


つい先週までタバコ吸いまくりのどっぷり浸かった生活だったのに、この変わりように自分自身が一番驚いている気がする。


そろそろ御神体のタバコ捨てても大丈夫かな笑

DSC_1983.JPG

↑こいつね


いやでもこいつにはすごく勇気づけられた。

いつでも禁煙リセットしてもええんやで、まあ気楽に行こうや、という目的で当初買ったのね。

で、耐えられず開封するときに多大な罪悪感を感じるやろうから、やれるもんならやってみろ、というダブルバインドね。


こいつがいなかったら、手の届くところにタバコが無いという恐怖にも似た不安感に襲われて、夜中にコンビニに買いに行って開封、という結末だったかも知れん。


やはり人間そんなに強い生き物でもない。逃げ道があることで大胆な行動を取れるのかも知れんね。知らんけど。
タグ:健康
posted by Yamato Sakai at 22:47 | Comment(0) | 禁煙チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月21日

禁煙ゲームチャレンジ4日目

なんで禁煙しようと思ったのか知りたい方はこちらへ。

3日目の苦しんでいる様子を見たいドSな方はこちらへ。


96時間経過(本稿執筆時点)。

タバコを吸いたい衝動はだいぶ少なくなってきた。

数時間に一度襲ってくるが、数分でまた無くなる、を繰り返す。


頭がボーッとするのはまだ続いている。頭痛も。あと無気力感と。

しかし、この症状をタバコを吸って解決しようとは思わない。


とはいえ、早くこの症状なんとかならんかな。

この症状さえ無くなれば、ほぼ禁煙ゲームに勝ったと言えるような気がする。

その日がいつ来るのか知らんけど・・・
タグ:健康
posted by Yamato Sakai at 19:34 | Comment(0) | 禁煙チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月20日

禁煙ゲームチャレンジ3日目

なんで禁煙しようと思ったのか知りたければこちらの記事へ。
2日目の苦しんでいる様子が知りたければこちらの記事へ。

48時間経過。
頭が重い。ボーっとする。だるい。眠い。やる気が出ない。
なんか薄いベールに頭が覆われているような感覚。

タバコを吸いたい衝動がまだある。深呼吸してやりすごす。
息苦しい。少し吐き気もある。
これがニコチン離脱症状か。結構きついね。

ただ、世の中の匂いはよりハッキリ感じるし、食事の味もハッキリと感じる。
何より胃腸の働きが良くなったのか、消化が異常に早い(これまでが異常に遅かったのか)。

とりあえず寝る。

72時間経過(本稿執筆時点)
頭が重い、眠いのはだいぶ改善されてきた。
息苦しさも幾分か良くなってきた。

何より、タバコを吸いたいという衝動が無くなってきた。これは驚き。
禁煙を決意したときに敢えて買った新品のタバコをまだ飾っている。

こいつだ。
DSC_1983.JPG

昨日までは視界に入るとタバコのことを思い出し、結構辛かった。
が、今タバコを見ても吸おうと思わない。

正確に言うと、コンビニで会計時に思わずタバコの番号を言いそうになったり、飯食った後にタバコを吸いに行きそうになる。
が、これらは喫煙時代の行動パターンを時々無意識に取ろうとしているだけで、タバコを吸って解決しようとは全く思わなくなった。

あれだけタバコに依存した状態だったのに、かなり辛かった時もあるが思ったよりも簡単に抜け出せそうな気がする。

さて、ここからはプライドの問題なんだろうか。
初めて丸3日も禁煙が成功したので、どうせならこのまま継続したいね。
まあこの先タバコのことを忘れることは当分無さそうだが、離脱症状に打ち勝てそうなところまで来たので、もう少し頑張ってみよう。
タグ:健康
posted by Yamato Sakai at 16:27 | Comment(0) | 禁煙チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月19日

禁煙ゲームチャレンジ2日目

なんで禁煙しようと思ったのか知りたければこちらの記事へ。

24時間経過。
吸いたい衝動あり。生活習慣に深く根ざした行動パターンからの衝動だと再認識すると幾分和らぐ。

世の中めちゃ匂いがすることに気付く。
木の青い匂い、土の匂い、隣の家から流れてくる料理の匂い、換気扇から漏れ出てくるタバコの臭い等。

これまであまり痰がからんだことないが、今めちゃ痰がからむ。
20年以上痛め付けた肺とか気管とかが、ここぞとばかりに毒素を吐き出している感じ。

30時間経過。
頭が痛い、目眩のような感じ、息苦しい。
これまではこの感覚はタバコを吸うと一時的に和らぐが、ほどなく再発しまたタバコを吸うという悪循環だったのかと感じる。

料理の味が今までより濃く感じる。
だからといって際限なく食おう、という気持ちにはならない。

今の所ニコチンパッチを貼らずに禁煙継続中。
タグ:健康
posted by Yamato Sakai at 13:01 | Comment(0) | 禁煙チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月18日

脳ドックの結果、禁煙ゲームにチャレンジすることにした。

先日脳ドックを受けてきたという記事を書いた。

その後数日して、マイページに結果を載せているので見てくれというメールが来た。

恐る恐るマイページを見てみると、

report_20180518.png

まじかい!泣
ということで、先日説明を聞きに再度メディカルチェックスタジオへ行ってきた。

先生曰く、まずMRIの画像から、過去に小さな脳梗塞になった痕があるということだった。
ほう、いつの間に。気づかんかった。
で、こいつは多分大きくなることはないから、年1回MRI定期検診をして経過観察しよう、ということになった。

もう一つ気になることがあると。
まだ問題はないレベルだが、脳の一部が萎縮し始めていると、画像の該当箇所を見ながら説明される。

このまま悪化すると、アルツハイマーになると。
で、萎縮の原因は血流不足であると、血管の画像を正常な人の画像と見比べながら説明される。
確かに写っている血管が薄い。

タバコ吸っていますか、ということで筆者は20年以上吸っていると答えた。
であれば、この血流不足の原因は、100%喫煙によるものです、と。

ほう、己の画像を突きつけられてタバコが原因と言われると、非常に説得力がありますな。

タバコを吸うと、血管が収縮し、血流が減ると。なんとも分かりやすい。

でもう一つ、血液の中には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあると。
タバコを吸うと善玉と悪玉のバランスが崩れ、悪玉が酸化して血管内に溜まり動脈硬化を起こし血流が悪くなると。
(先生から説明されたのが、確かこういうロジックだったと思う。)

というわけで、脳へ行っている血流量を調べたいとのことで、頸動脈のエコーをとった。
そして画像を見ると、コレステロールが20%溜まっているとのこと。
確かに血管の内壁に何かあるのが見える。

筆者はこれまでタバコだけは絶対にやめないと勝手に決めてきた。
実を言うと、10年くらい前に禁煙外来に行ったのだが失敗したので、その言い訳ね笑

しかしここまで画像を突きつけられると、そして原因がタバコ100%だと言われると、もうこの際マジでやめようと思った。
その場で看護師にタバコを渡した。

さあ、禁煙ゲームのはじまりだ。

タバコをやめて今より悪化しないのであれば、それは悪くないなと思った。
なんというか、無駄死にしたくないのよね。
脳ドック受けて良かったよホンマに。

本稿執筆時点で、最後の1本を吸ってから24時間経過。1本も吸ってない。
タバコを吸い始めてから、初めて丸一日吸ってないことになる。
ニコチンガムもニコチンパッチも使っていない。

24時間の禁煙に成功して、少し気づいたことがある。
タバコがやめられないと言われている原因として、ニコチン依存症だから、というのがある。

しかし実際は、ニコチン依存というよりは、「タバコを吸う」という行為が生活習慣の中に深く根ざしていて、その行為をしないと次に進めない、という行動パターンを長年してきて、この行動パターンが出来ないことによる違和感が苦痛だからじゃないか、という方が大きい感じがするということだ。

なので24時間たった今、波がありながらも、タバコをめちゃ吸いたくなるという衝動に襲われているが、生活習慣上の癖だと考えると少し衝動がマシになる。



しかし実は、新品を1箱買ってきて、飾っているのだ笑
DSC_1983.JPG

これは、禁煙が無理だったらいつでも逃げられるように、という禁煙に対するプレッシャーの逃げ口を作り、気軽感というかゲーム感を持てるように、という作戦だ笑

そしてもう一つ、やっぱ無理と禁煙リセットする際に、こいつを開封するという作業が発生する。
そのときにめちゃめちゃ罪悪感を感じるだろう、だからやめとけと思えるように、という作戦だ。
ダブルバインド!笑

ということで、禁煙ゲームチャレンジについては経過を随時レポートしていきたい。
禁煙に失敗した場合も、もちろん正直にレポートする。

今の所順調に禁煙継続中!
タグ:健康
posted by Yamato Sakai at 15:11 | Comment(0) | 禁煙チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月16日

日大アメフト部のニュースを見て思ったこと

筆者は体育会系のノリが心から大嫌いである。
特に先輩の言うことやることは絶対で、理不尽でも従わないといけないとかいうやつ。

中学1年のときに、最初テニス部に入った。
理由はテニスをすればモテるかも知れない、という不順なものだった笑。

が、まさしく体育会系のノリで、先輩の言うことを聞かなければ壁際に立たされて先輩からのボレーを受けるという制裁があったのだ。
こんなもんやってられるかと1週間で辞めた。

中学3年になり、担任の先生から何かクラブ入ったほうが良いよ、みたいなことを言われ、ガキの頃にスイミングスクールに通っていたので水泳部に入ることにした。

俺は体育会系のノリが嫌いなので、後輩に無茶を言うことは無かったし、そもそも途中入部だからか後輩からも冗談やツッコミを入れられたりと、フラットな関係だった。
筆者はフラットな関係が好きだ。

話を戻して、日大のアメフト部員が、関学アメフト部のQBに対してプレー後にタックルをして負傷させたというニュースが世間を騒がせている。

これも結局体育会系ノリのヒエラルキーがもたらしたものではないだろうか。
先輩なのか監督なのかは分からないが、理不尽な指示(相手QBを負傷させろ、みたいな)に抗えなかったんじゃないか。

で、もう少し話を広げると、日本の大企業に多いのだが上司先輩の指示は絶対で、いつしかお客ではなく上司先輩のために仕事をする、という会社が多いなと感じる。

最近では自動車メーカーが試験データを不正改ざんしたとか、製鉄メーカーもデータを改ざんしたとか、現場の人間がやっても得をしないと思われる事件も頻発している。

これがフラットな関係だと、言いたいこと言えるし、言われた方も一旦受け止められるし、まあお互い不正が起きないよう自然に監視しあうような関係というか組織になる。

また、上下関係だからという評価ではなく、上司先輩・部下後輩であろうが、単純に実力で評価することも出来る。
このほうが健全である。

さきほど大企業に体育会系ノリが多いと書いたが、実は上司先輩の指示は絶対ではないんだけどね。

筆者はフリーランスでITコンサルをしている。だから下手したら明日から来なくていいよ、といつなってもおかしくない状態である。
まあこちらも、言いたいこと言ったくらいでクビになるならいつでも辞めてやるわ、というスタンスた。

なので大企業の役員クラスに対しても、言いたいことを言っている。
するとどうだろう、イエスマンな周りの人々は日々恐れながら仕事をしていると言った感じなのだが、言いたいこと言っている筆者の意見をちゃんと役員は聞いてくれるようになるのだ。

いつクビになってもおかしくない筆者が言いたいことを言い、めったなことでクビにならない正社員が言いたいこと言わない。
結局、勇気があるかどうかで環境って変わるんじゃないだろうか。良い方向に。

というわけで、なんで体育会系ノリが無くならないんだろうか、まあ勇気出せば解決するんだけどね、ということが言いたいだけ。
タグ:生き方
posted by Yamato Sakai at 18:41 | Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月07日

メディカルチェックスタジオの脳ドックに行って来た

最近ストレスのかかる仕事をしていて、それが原因かどうか分からんが時々頭が痛くなる時があった。

たぶん肩こりから来ている頭痛だろうと思っていたが、筆者はアラフォーということもあり、何かあったら怖いなということで脳ドックに行ってきた。
メディカルチェックスタジオというところの「スマート脳ドック」を受けてきた。

ここはこれまで敷居が高かった脳ドックを手軽に受けられるように、ということで脳ドック(MRI)とオプションの肺と心血管のCTのみを行っている医療機関である。

たしかに予約はスマホから出来たし、脳ドック専門ということで一般的な価格の約半額で受けられ、時間も20〜30分で終わる。
手軽であった。

受けたい日付を選び、初めてなら会員登録を行う。その後問診ページへ飛ぶので回答する。これだけ。
まあだいたい10〜15分程度で完了する。

で当日、銀座一丁目にあるメディカルチェックスタジオへ向かう。
東京メトロ有楽町線の銀座一丁目駅7番出口を出て直進し、信号を渡った左手にあるビルの2階にある。

受付で身分証を提示し、番号札を受け取って待つ。
時間になると呼ばれるので更衣室で金属系のものをすべて取る。着替えることはない。

更衣室を出るとすぐにMRI室に通される。筆者はMRIは初めてで、ちょっと機械のデカさにビビる笑
検査台に寝転び、ヘルメットを半分に割ったみたいなところに頭を仰向けで突っ込む。
なんかリズミカルな音が聞こえるので、ロックな音楽でも掛かっているのかと思ったが、音楽ではなく機械の音だった笑

先生に、検査中は入ってこれないので何かあったらこれ握ってと、5センチ位の玉みたいなのを握らされる。
ちなみに頭を突っ込むときに耳が折り畳まれてしまうのだが、先生曰く大きい音がするのでそのままのほうが耳栓のようになる、とのことでそのままにしておいた。

「では始めます、10分で終わります。頭を動かさずに目を閉じておいて」と言われるので、素直に従う。
すると台が上がり、機械の中に頭が入る(のだと思う。目を閉じていたので分からんが)

機械的な音が断続的に続く。最初はビビったが、次第に慣れる。
すると、これから大きい音がして台が少し揺れまーす、とアナウンスが入る。
掛かってこいと待ち受けると、本当にデカい音がしてビビった。筆者は大きい音が苦手なのだ笑
しかしデカい音も1分ほどで終わり、また断続的な機械音に戻る。
程なくして、終わりましたと先生が入ってくる。安堵の瞬間である笑

で、MRI室を出て更衣室で支度をし、受付で支払いをする。
さっき受付で身分証を見せてからここまでで、およそ20分であった。速い。
後日メールを送るので、会員ページから結果を見てください、とのことである。

料金だが、税別17,500円である。筆者はクーポンを持っていたのでさらに1,000円引きだった。
一般的には3万円以上するので、半額近い料金で検査が出来るのだ。
執筆時点でまだ結果は出ていないが、この値段で脳の状態が分かるのであれば、かなり安いと思う。
→結果出ました。こちらからどうぞ。

筆者はMRIが初めてでビビりまくっていたが、次からは大丈夫だ。男の子だもん。
税込2万円弱で脳の安心が買えるのだから、脳ドックを受けたことがない方はぜひ受けてみてはどうだろうか。
posted by Yamato Sakai at 15:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月29日

男にとって大事なものは、やはり金(仕事)と女である

久々の更新だ。1年ぶりか。
この一年、まあいろんな事があった。

俺は会社を潰してからはフリーランスで客先常駐システム屋をやっている。
この一年、食うに困ることはなく、普通に仕事をしてきたのだが
まあカスな現場というか、わざと炎上させて楽しんでるのか、という感じの現場であった。

なので割と忙しく、とはいえ別に徹夜続きとかそんなのではなく、普通に夜7時くらいまでで勤務時間は全然ブラックではない。
なんというか、精神的に仕事以外のことを考える余裕が無かった、という感じである。

てなわけで、女に関してはサボってしまった一年であった。
ご新規さんは3人である。で、精神的に余裕が無かったので、LTRにはならず。トホホな状態だった。

だから金はある程度貯まった。が女をサボっていたので心がカッサカサな感じ笑
男にとって、やはり金(仕事)と女両方うまく行っていないと、バランスが悪いというか、なんとなしに気持ち悪いというか。

なので、せっかくのGWでもあるし、この連休の間に心機一転、金と女両方うまく回るようにバランスを取って生きていこうと固く決心した次第である。
連休初日の昨日、早速久々にご新規さんとゴール決めてきたので、この調子で頑張ろう。
昨日のご新規さん、自信を取り戻させてくれて本当にありがとう。
posted by Yamato Sakai at 12:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月01日

30代以上の未婚女が、やっぱりどこか拗らせていて残念な件

俺はこれまで20代から40代と、割りと幅広い年代の女性とセックスをする仲になってきた。

で、若ければ若いほど時間もコストもかからずにセックスする仲に至ることが本当に多い。

逆に未婚で30歳を越えた辺りから、セックスまでの時間とコストが一気に跳ね上がり、長いお付き合いをしたいと思える女性が極端に少なくなる印象がある。
(30歳越えていても、これが人妻とか離婚歴ありだとあっさりとセックス出来てしまうという現実もある)

何で長いお付き合いをしたくない女性が多いのかを考えてみたのだが、概ね以下の2つのうちどれか、または両方の特徴を備えていることが分かった。

なんでそうなってしまったのかは分からないが、だから未婚のままである、という事実だけは間違いない。
まあ要は、どこか拗らせていて売れ残ってしまっているだけと言ってしまえばそれまでだが。

特徴その1:とにかく人(男)の金しか当てにしていない

もうほんとに不思議なのだが、30歳を越えた辺りからマジで自分の金で支払おうとしないのよ。

例えばアポで飯を食いに行って、じゃお会計となりますわな。
これが20代女子だと、会計の時に財布を出していくらかだそうとするか、もしくは店を出てからいくらだった?払うよ、と言う割合が極めて高い。

ちなみに俺は、特に初回アポの場合、女がトイレに行っている間に会計を済ましておくことなどしない。
なぜなら金目当てなのかどうかのわかりやすいテストをするためだ。

しかし30以上となると、それまで元気に死ぬほど喋っていた女が、会計の時になると完全に気を消すのである。そして微動だにしない。
見ざる聞かざる動かざるである。単なる置物と化すのだ。

で店を出てから、ごちそうさま。ウフッ。と。
おい誰が奢ると言った?

いや別に飯代くらい何ともないのだが、初回アポからしていきなり人の金でタダ飯を食おうというその根性に俺は萎えるのだ。

断りもなく人の金で飯を食う、乞食か泥棒である。
そんな女と長続きするはずもないので、店を出たら即刻解散、LINEブロック!(笑)

特徴その2:頭でっかちでどうしようもない

これも30歳越え女となると一気に増殖する現象である。

なんというか、恋愛というか男選びというか、これをどこで仕入れたのかは知らんが、くだらんロジックで進めようとすると言ったら良いだろうか。

20代女子の場合は、フィーリングとか本能とか、そういった部分で素直に男選びをしているように思える行動が多い。

しかし30越え女の場合は、手を繋ぐのは何回目のデートで、キスはその後何回目、セックスはその後何回目って、お前セックスするまでに何年かけるつもりやねん、と。

最近も遭遇した。初回アポで機嫌よく2人で飯食ったあと、店を出てまあ当然のようにさっと手をとり繋いだのよ。

で、カラオケでも行こうかとカラオケボックスで話をしていると、初回デートで手を繋ぐってあり得ないなどと言う。

もういいや、めんどくせぇと思い、じゃ何回目ならいいの?と聞くと2回目とか3回目とか言う。
腹立ってきたので、その根拠は?と問い詰めてみる。

とにかく初回から手を繋ぐ男はそうやって誰とでも手を繋ぐんだ、という脈ありサインを間違えて発射するような事を言う。

なんというか、頭でばっかりいろいろ考えてきて訳のわからんロジックが出来上がり、フィーリングとか感情とかで判断できなくなってしまったのだろう。

こういう女は付き合うと色々変なくだらんルールみたいなのを勝手に作り、相手の事も考えずに押し付けてくること請け合いである。

なのでカラオケボックスの終了時間を待たずに店を出て解散、LINEブロックである(笑)

というわけで、俺は最早20代女子しかターゲットとしていない。
で、いつまでも20代女子から選んでもらうために、人並み以上の努力をしつづけるのだ。

参考:
タグ:恋愛
posted by Yamato Sakai at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月15日

ボンディ 芝浦店

さて今回は、田町にあるカレー屋、「ボンディ」芝浦店のご紹介です。

田町駅から芝浦側の出口を出て歩くこと約5分位のところにあります。
なんとこのお店の周りには他にも2軒カレー屋があり、プチ激戦区になっています。
この激戦区のうちの1軒にお邪魔しました。

メニューはビーフカレーをはじめ、ポークカレーにエビカレーなど、約10種類のカレーから選べます。
そして必ず茹でジャガイモ2個が付いてきます。
このジャガイモが大変甘くて旨いのですが、ちょっとした炭水化物祭りになります(笑)

今回はビーフカレーを頂きました。
IMG_20170603_021126_892.jpg
ルーが別添で出てきます。今回はチーズ乗せにしてみました。
向こうに見えるのが、例のジャガイモです。

ルーに隠れて見えないのですが、ビーフの塊が7つ位入っていました。
まさに肉を食いながらカレーを食う、という感じです。
ルーはコクが有りまろやかで、爽やかな辛さがひろがります。
大変美味しゅうございました。

このビーフカレーですが大変人気のようで、早くに売り切れてしまうようです。
早めに訪問するのがおすすめです。


ボンディ 芝浦店
03-3457-8751
東京都港区芝浦3-14-5 テクス芝浦ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13042261/
posted by Yamato Sakai at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※当ブログでは、ご質問、ご相談など、どんなお問い合わせでも受け付けています。 こちらの問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。 お問い合わせに関しては、当ブログ管理者だけが全て読んでおり、情報漏洩等無いよう厳重に管理しております。 -